知らなくていいコト1話感想とあらすじ!ケイトは殺人犯の子なのか?

吉高由里子さん主演、水曜ドラマ『知らなくていいコト』の第1話が2020年1月8日(日本テレビ系・水曜よる10時)にスタートしました。

吉高由里子さんは、一流週刊誌の記者の真壁ケイトを演じます。

ドラマのキーワードは、タイトルにもあるとおり『知らなくていい事』です。

スクープを追い求める記者でありながら、第一話では自分自身がスクープになってしまう…?

今回は、知らなくていいコト1話感想とあらすじ!ケイトは殺人犯の子なのか?と題して深堀りしていきます。

知らなくていいコト第1話のあらすじ

一流週刊誌“週刊イースト”の特集班記者・真壁まかべケイト(吉高由里子)は、仕事に恋に充実した日々を送っていたある日、同居する映画翻訳家の母・杏南あんな(秋吉久美子)が倒れたと連絡を受ける。未婚のままケイトを育て上げた杏南は、病床でケイトの父があの“キアヌ・リーブス”だと言い残し、あっさり亡くなってしまう!連載班の後輩で恋人の野中春樹のなかはるき(重岡大毅)に相談するもジョークでは、と取り合われない中、母の書斎から若き日の母とキアヌ・リーブスの写真が出てきて……!

数日後、仕事に復帰したケイトは、ずっと追っていた詐欺のネタを編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)に直談判する。ネット上の架空の人物に恋をして大金を貢ぎながら、自分は騙されていないと信じる高齢女性・多賀笑子たがえみこ(倍賞美津子)に取材をするべく、笑子が営む茶道教室に入門するケイト。しかしガードの固い笑子を前に取材は難航。そんな中、海外出張から戻った動物カメラマンでケイトの元カレの尾高由一郎おだかゆういちろう(柄本佑)が線香を上げにケイトの家に訪れる。杏南の最期の言葉を聞き「ステキじゃないか」と“父親キアヌ説”を否定しない尾高に元気をもらうケイト。尾高はその帰り、ケイトには言えない3年前のある出来事を思い出していた……。翌日、詐欺取材に行き詰まるケイトは、母の遺品からある物を見つける。その先には自分のルーツに関わる衝撃の事実が隠されていた……!!

引用:日テレ公式

知らなくていいコト第1話の感想

第1話を観た感想ということで、視聴者さんのツイートなども参考にさせてもらいながら、ドラマに対する率直な意見とか、感じたことなんかを書かせてもらいます!

とにかく重岡大毅さんはスゴい人気ですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

#ジャニーズwestで妄想 #しげりゅせ #重岡大毅 #藤井流星

オタク💜(@otako751)がシェアした投稿 –

いきなりドラマの内容に関係なくてホントすみません!

まずどうしてもスルーするわけにはいかないのが、ジャニーズWESTの重岡さんですよね。

ツイート見てて思うのがえらい人気者なんだなあということです!

そりゃあ、東京ドームツアーもやるわけですよ。

いつも笑顔が爽やかだし好きじゃない方がおかしいですよね。

ただ、ドラマの最後の最後で話があるって、ケイトの家に来た時には、はいはい、そうですかって感じでしたけど…

なんか結局、野中春樹って、人間の本性がむき出しの嫌なヤツって感じになっちゃいそうですけど、これからどうなるかはわかりませんが、重岡さんにとっては新境地だと思って見事に演じきってもらいたいなと…いうところでしょうか。

キアヌリーブスの子から殺人犯の子って…

なんかふざけているっていうか、唐突しすぎませんか?

いくら母親がロサンゼルスに住んでいた設定かもしれませんが、キアヌと関係があったっていうのはウケますよね!

実物のキアヌの方にはOKもらっているのか心配で内容が入ってきませんでしたよ。

でもって、結局、殺人犯の子だっていうのもいきなりだし、あんまり調べてもいないのに殺人犯の子っていう結論も早くね-!とか思っちゃいますけど…皆さんはどうですか?

まさかこのままってことはないでしょうから、やっぱりキアヌの子だったとか、実はブラット・ピットの子だったとか、この際そっちで行くっていうのもいいんじゃないでしょうか。

高齢者の架空詐欺の話がぜんぜん入ってこない!

倍賞美津子さんが演じる茶道の先生が架空詐欺にあった話っていうのが、なんかどうでもいいポジションになっているようで、あんまり入ってきませんでしたけど、いいんでしょうか?

いきなり秋吉久美子さんが亡くなるだとか、どっからみても日本人の吉高さんがキアヌ・リーブスの子だとか、なんか展開がバラけててよくわからないというか、ついてはいけてませんでした。

もうちょっと的を絞って展開していってもらわないと今後やばいかも…と個人的には思います。

今のところ重岡さんの人気だけで支えられてる感じが否めないんですけど…

大丈夫ですかね?

柄本佑さんの演技はドラマが引き締まる

そんなこんな言ってますけど、時々出てくるカメラマンの尾高由一郎役の柄本佑さんの演技は、なんかバラけているドラマの割に一人だけ引き締まっていてよかったですね~

さすが奥さんが安藤サクラさんだけありますね。

っていうかお父さんも偉大な俳優だし、サラブレットなわけですよね。

とにかく、筆者的にはこのドラマの一番の収穫は、柄本さんの演技を毎週見られるってところでしょうかね。

そうは言っても物語自体があっと驚くような方向に展開していくことを願っていますよ。

 

知らなくていいコト1話の視聴者の反応

まとめ

今回は、知らなくていいコト1話感想とあらすじ!ケイトは殺人犯の子なのか?と題してお話ししました。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

知らなくていいコト2話の感想&考察&あらすじ!DNA婚活にケイトが潜入
『知らなくていいコト』の第1話では、一流週刊誌の記者の真壁ケイトの最愛の母・杏南が急死し、遺品から殺人犯の子である疑いが浮上しました。 結局、彼氏と別れることになり、最悪の状況のケイトですが、さて第2話では… 第2話のキーワードはDNA婚活です! DNA婚活を調...
タイトルとURLをコピーしました