知らなくていいコト3話つまらない・いいのは柄本佑だけ!感想&レビュー

『知らなくていいコト』の第2話では、ケイトが殺人犯・乃十阿徹の子だということが証されました。

まさに知らなくていいコトでした。

春樹との仲も最悪の状態です。

でも、尾高とは急接近、何かが起こりそうな予感が…!

さて第3話ではいよいよケイトが殺人犯の父親と対面することになります。

今回は、知らなくていいコト3話つまらない・いいのは柄本佑だけ!感想&レビューと題して深堀りしていきます。

知らなくていいコト3話の概要あらすじ

殺人犯・乃十阿徹のとあとおる(小林薫)の娘だと知りながら、かつて尾高おだか(柄本佑)がプロポーズしてくれていたことを知ったケイト(吉高由里子)は、当時何も知らずに春樹はるき(重岡大毅)に心を移した自分を悔やんでいた。

そんな中、週刊イーストでは年末年始合併号の準備が進む。

黒川くろかわ(山内圭哉)班は国民的な人気を誇る天才ダンサー“タツミーヌ”こと河原巽かわはらたつみ(大貫勇輔)の才能に迫る特集企画を担当。

早速取材に出るケイトだが、ネット上で拡散した10年前のタツミーヌの動画が炎上したことで急遽取材中止の連絡が入る!問題の動画には老人に向かって暴言を放つ世間のイメージとはかけ離れたタツミーヌの姿が映っていて……。

編集長の岩谷いわたに(佐々木蔵之介)は記事の内容をタツミーヌの才能ではなく、本性に迫るものに方向転換して取材続行を指示。

ネットの後追いで10年も前の出来事を掘り返すことに反対するケイトに取り合わず……。

仕方なく本人直撃を狙うケイトだが、タツミーヌ叩きの報道が過熱する中、本人は沈黙を貫いたまま消息を絶ってしまう……。

一方、編集部には尾高が年末の挨拶に現れる。

春樹は、あることを話すため、尾高を屋上に呼び出すが……。

タツミーヌ探しが難航する中、ケイトはかつてタツミーヌがアルバイトをしていた店で意外な真相へと繋がる証言を聞く……。

引用:日テレ公式

 

知らなくていいコト3話の感想&レビュー:いいのは柄本佑だけ

第3話を観た感想ということで、視聴者さんのツイートなども参考にさせてもらいながら、ドラマに対する率直な意見とか、感じたことなんかを書かせてもらいます!

厳しい見解になりますが、現状でのこのドラマへの評価になりますので、ご了承ください。

タツミーヌって何?

まず、いきなりですけど、タツミーヌって言われてもどうなんでしょうか。

まったく浸透していないのに、一話完結のドラマなのに、ニックネームをつける必要性がよくわからりません。

ストーリーを複雑にしているとしか言えません。

それと、そのタツミーヌは世界的なトップダンサーという設定なのでしょうが、いったいそれの何を記事にしたいのかよくわかりません。

つまり、週刊イーストという出版社が追っているネタもたいしたものじゃないし、結局何をしたいのかがよくわからないということです。

大のオトナが寄ってたかって追い求めるネタじゃないと思うし、結局大したオチもないし、視聴者が楽しめると本当に考えているのか不思議としか言えません。

関西弁の役者はストーリーの邪魔をしている

デスク役で関西弁の俳優がいますけど、かなり個性が強すぎで、ドラマのストーリーの邪魔をしていると思います。

この俳優はどんな役やってもいつも同じで、ドラマをつまらなくしている張本人の一人です。

こういう俳優をキャスティングしたら、そのドラマはおかしな内容になってしまうことを覚悟するしかないでしょう。

なぜかと言いますと、こういう俳優はストーリーと関係ないところで妙に目立ちすぎてしまうので、そのことによって、視聴者のそのドラマに対する集中が一旦途切れてしまうからです。

つまり、厳し目に言えば、百害あって一利なしなのです。

せめて、関西弁という個性を押し殺して演じるべきだと思います。

余計なキャストが多すぎる

相変わらず余計なキャストの無駄なシーンが多すぎですね。

ストーリーに関係ないキャストがちょこちょこつまんないセリフを挟みますけど、こういうのが安っぽくてまとまりのないドラマになる原因そのものなのです。

こういう脚本っていうのは視聴者のことをまったく考えていないと思います。

視聴者は、テンポよくドラマをみたいのに、ストーリーに関係ないキャストがどうでもよいことを口にすることで、内容がわかりづらくなるのです。

このドラマの相関図を見てもゾッとするくらいたくさんのキャストがいますが、これっていったいなんなでしょうね。

ほんとに不思議なドラマです。

野中と尾高のシーンが酷すぎる

野中と尾高のシーン、これって何が始まったのって感じですね。

グダグダ過ぎて観ていられませんでした。

いったい何を見せられてるのでしょう。

野中(重岡大毅)がすごくダサく映っているし、一人で長々とひどいことを喋りまくっていますが、尾高のセリフじゃないですけど、違う意味で、ほんと「おまえサイテーだな」って感じです。

ジャニーズの重岡大毅さんにいったい何をやらせたいのかよくわからりません。

誰も得をしない、内容もつまらない脚本だと思います。

唯一このドラマで観ていられるのは柄本佑の演技

何の魅力もないドラマですが、唯一このドラマで観ていられるのは、柄本佑さんのシーンだけです。

特に、全体的に内容の薄っぺらいドラマのせいか、柄本さんの演技が一段と光っています。

柄本さんにとっては今後の仕事にかなりプラスになるのではないでしょうか。

全体の感想・・・これ以上は観たくない作品

視聴者を無視して好き勝手にやっていますが、数字を取りたくないのでしょうか?

こんなドラマでは、来週以降観たいと思う人は減ると思いますよ。

ついつい本気で語ってしまったけど、余計なものが多すぎだと思います。

余計なキャストの余計な絡みやセリフは必要ないのです。

このドラマは、メインとサブの2つのストーリーからなっています。

メインのストーリーは、ケイトの父・乃十阿徹の話で、サブは一話完結の毎回異なる内容になっています。

しかし、「乃十阿徹が殺人犯なのか、ケイトの本当の父親なのか」などの話は視聴者からするとあまり興味を持てる内容ではないのです。

それと一話完結のストーリーも正直言って毎回薄い内容でつまらないとしか言えません。

これがこのドラマを3話まで観た感想です。

残念ながら、このドラマに関しては、来週以降観る必要がないと判断しましたので、記事は最後とさせていただきます。

筆者にとってはこのドラマはまさに『知らなくていいコト』でした。

 

知らなくていいコト3話の視聴者の反応

まとめ

今回は、知らなくていいコト3話つまらない・おもしろくない!感想&レビューと題してお話ししました。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

知らなくていいコト1話感想とあらすじ!ケイトは殺人犯の子なのか?
吉高由里子さん主演、水曜ドラマ『知らなくていいコト』の第1話が2020年1月8日(日本テレビ系・水曜よる10時)にスタートしました。 吉高由里子さんは、一流週刊誌の記者の真壁ケイトを演じます。 ドラマのキーワードは、タイトルにもあるとおり『知らなくていい事』です。 ...
知らなくていいコト2話の感想&考察&あらすじ!DNA婚活にケイトが潜入
『知らなくていいコト』の第1話では、一流週刊誌の記者の真壁ケイトの最愛の母・杏南が急死し、遺品から殺人犯の子である疑いが浮上しました。 結局、彼氏と別れることになり、最悪の状況のケイトですが、さて第2話では… 第2話のキーワードはDNA婚活です! DNA婚活を調...
ドラマ【知らなくていいコト】野中春樹役は重岡大毅!役柄はケイトの彼氏だが元カノは誰?
吉高由里子さん主演、2020年1月8日スタートの1月期水曜ドラマ『知らなくていいコト』で、真壁ケイト(吉高由里子)の年下彼氏の野中春樹役にジャニーズWestの重岡大毅さんが抜擢されましたね。 筆者も重岡大毅さんのことは、少しばかり知っています。 KATTUNの上田竜也...
ジャニーズWEST重岡大毅の身長は何センチか検証?プロフィールや過去作品についても
ジャニーズWESTでセンターを務めている重岡大毅さんですが、グループでの活動以外にも、多くの人気ドラマに出演するなど、個人の活動にも取り組みながらハードな毎日を送っているようです。 最近のドラマに関して言えば、吉高由里子主演の1月期水曜ドラマ『知らなくていいコト』(2020...
タイトルとURLをコピーしました