シロクロパンダは笑う3話の感想&考察!オリの中の少女は誰なのか?

第2話では、飼育員・直輝とミスパンダ・レンの最強バディが一流大学の不正入試問題に隠された疑惑にシロクロつけました。

さて、第3話では、炎を見るたびにフラッシュバックを起こしていたレンの過去が明らかに・・・

今回は、シロクロパンダは笑う3話の感想&考察!オリの中の少女は誰なのか?と題して深堀り徹底していきます。

シロクロパンダ3話のあらすじ

門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべるレン。彼女の精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。

そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵がコーチの鹿野博史とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張。

そこに沙奈恵の前のコーチ・磯貝誠が現れる。釈明しようとする磯貝に対して沙奈恵は「あなたがロープを切ったんでしょ!?」と取り乱し、会見は大混乱に。磯貝は厳し過ぎる指導が問題視されるコーチで、沙奈恵からコーチを解任されたばかりだった。ロープを切ったのは解任を恨んだ磯貝の仕業なのか?それとも沙奈恵を引きずり下ろしたい別の人物なのか? 世間では憶測が飛び交い、沙奈恵の世界選手権辞退は大きなスキャンダルに発展する。

会見の模様をテレビで見ていたレンは、沙奈恵が中学時代の同級生だと思い出す。一方、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件について調べるようにと告げられる。
沙奈恵に代わって日本代表に選ばれたのは、沙奈恵のライバルとされていた北里亜香里。亜香里の公開練習が行われることになり、神代(要潤)ら報道陣が集まる。そこに世界選手権に出場する海外の有力選手・コリーナとコーチのミルコビッチが訪れる。コリーナと対面した亜香里は平静を失い、公開練習は中止に。その時、ミスパンダが現れる。ミスパンダは亜香里に向かって「宮澤沙奈恵のロープを切ったでしょ?」と迫る。

レンは、入院中の沙奈恵を訪ねる。久しぶりの再会を喜ぶレンと沙奈恵。レンは沙奈恵から「リコちゃんが生きていたら…」と言われて動揺する。
レンは直輝と会い、沙奈恵と会ってきたことを伝える。レンの様子に異変を察した直輝は、悩みを聞こうとする。レンは直輝に、10年前の忌まわしいトラウマについて打ち明ける。その後、沙奈恵をめぐる一件に新たな事実が判明し…。

引用:ytv

シロクロパンダ3話の感想&考察

3話を観た感想と考察ということで、視聴者さんのツイートなども参考にさせてもらいながら、ドラマに対する率直な意見とか、感じたこと、今後の展開なんかを書かせてもらいます!

一話完結のテーマと全体のテーマ

このドラマは、毎回起こった事件を解決していくという、いわゆる一話完結のテーマと物語の本筋となる全体的なテーマの2つから構成されています。

一話完結のテーマについては、ミスパンダと飼育員さんがグレーな疑惑がある事件にシロクロつけて悪の根源を成敗する流れで、観ていてとてもスカッとした気持ちになれます。

もう一つのこの物語の答えとなるテーマですが、毎回ちょっとずつ謎が解けていくので、観ていてとても楽しめるし、また次回も観たいという気持ちになります。

森島直輝の父親役の森島哲也に田中圭、川田レンの母親役の川田麻衣子に山口紗弥加をキャスティングしているのもなかなかおもしろいと思いますし、視聴者を飽きさせないためのちょっとしたテクニカルな工夫を感じます。

レンはレンじゃなく、妹のリコだった?

いつもレンが過去の事件をフラッシュバックするときに、「オリから出して」と頭を抱えていますが、そのシーンの意味が気になっていました。

でも今回その謎が解けました。

薄々そうではないかと思っていたのですが、レンは一卵性双生児、つまり双子だったのです。

過去に起きた火事で亡くなったのは、姉のリコではなく、妹のレンで、今、存在しているのはリコなのです。

ちょっとややこしいかも知れませんが、双子だったので、リコがレンに入れ替わっているということなのだと思います。

でも、実の母親がそのことに気づいていないのはちょっと違和感がありますが・・・

それはいいとして、なぜ、入れ替わったのかというと、幼い頃からリコは母親に虐待を受けていたので、この火事をきっかけに母親に可愛がられていたレンに成り代わろうと思ったのではないでしょうか。

というのが筆者の想像ですが、ラストの直輝の言葉でそれを確信しました。

真相が少しわかった気がする・・・でもまだ想像の範囲

なんとなくですけど、直輝の父親の事件とレンの過去の事件の真相が少しだけわかった気がします。

あくまで、今の段階での筆者の想像なので、ハズレた場合はご了承ください。

ズバリ言いますと、直輝とレンのそれぞれの疑惑の真相に関わっている人物は、東京誠立大学の教授の門田、そして、囲碁喫茶GOBANの店主の加賀の二人です。

なぜかと言いますと、実は細かいところまではわかっていないのですが、この二人は、常にレンのそばにいてレンが過去の事件のことを思い出していないか見張っているのではないかと考えています。

特に加賀のほうがレンの言動に敏感に反応しているように思います。

それと、直輝の父親の事件ですが、パンダの人形の中に隠されていたUSBに映っていたコアラ男は、門田か、加賀のどちらかではないかと考えています。

それと筆者は直樹の父親を殺害したのはコアラ男だと思っています。

つまり、直輝の父親を殺害した犯人がこの二人のどちらかではないかということです。

もしかすると共犯の可能性もあります。

いよいよ神代は直輝の存在にたどり着くのか?


神代は、佐島あずさのスマホを偶然手にしたことで、森島直輝の存在に気がついてしまうようですね。

いくら着信があったからといって、人のスマホを手に取って見ますかね?

まっ、それはそうと、これはちょっとヤバいですね。

ミスパンダの正体までバレてしまうことになりかねません。

今後の展開で考えられるのは、2パターンではないかと。

1つ目は、直輝は神代に疑われますが、直輝のメンタリストのテクニックを使って、さらっとごまかしてしまう。

これはやや強引な考え方でちょっと無理があるかもしれませんね。

2つ目は、疑われていることを察知した直輝は、あずさの前から姿を消してしまう。

今後は一切あずさの前には現れない。

このいずれかではないかと思います。

来週はいよいよドラマも中盤に入っていきますので、さらに疑惑の真相が判明していくと思います。

楽しみですね。

 

シロクロパンダ3話の視聴者の反応まとめ

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の視聴者さんの気になるツイートをまとめてみました。

確かに。

変身して悪の組織に立ち向かうというところが似ていますね。

清野菜名さんの「飼育員さん―」は突き抜けた可愛さがありますよね。

横浜流星さんがイケメンでかっこいいに尽きますよね―

心の隙間は埋まっているのでしょうが、レンは実際のところパンケークを食べているのかどうか疑問です^^

 

まとめ

今回は、シロクロパンダは笑う3話の感想&考察!オリの中の少女は誰なのか?と題してお話ししました。

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました。

シロクロパンダのロケ地・撮影場所はどこ?大学やカフェ・行き方についても
大好評の『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、飼育員の森島直輝とミスパンダの川田レンの最強バディがグレーゾーンの疑惑を次々と解明し、シロクロつけて成敗する痛快時代劇?…いやいや痛快サスペンスですね。 ミスパンダにかかれば、世の中にはびこって甘い汁を吸ういけ好かね...
シロクロパンダは笑う2話の感想とあらすじ!不正入試問題の疑惑は嘘?
ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の第2話の放送は2020年1月19日(日本テレビ・毎週日曜 よる10:30~)です。 第2話では、一流大学の不正入試問題に隠された疑惑を飼育員・直輝とミスパンダ・レンの最強バディが解き明かしていきます。 今回は、シロ...
シロクロパンダは笑う1話感想とあらすじ!自殺疑惑の包帯女性は山口真帆?
この冬話題のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の第1話の放送は2020年1月12日(日本テレビ・毎週日曜 よる10:30~)しました。 いよいよ横浜流星さんと清野菜名さんの最強バディの登場ですね! ホント楽しみです! 政治と金の問題で、本当に政...
シロクロパンダのドラマ登場人物やキャスト一覧!役柄や相関図まとめ
ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』が2020年1月12日(日本テレビ・毎週日曜 よる10:30~)よりスタートします。 横浜流星さんと清野菜名さんのW主演で話題の謎解きドラマです! 横浜さんが演じる飼育員・森島直輝と清野さん演じるミスパンダの最強バデ...
タイトルとURLをコピーしました