吉沢亮の半沢直樹SPドラマ主演はなぜ?役どころ・演技力やあらすじも解説

『半沢直樹』は、堺雅人さん(46)の主演で、2013年の7月から9月にTBS系で放送された大人気ドラマで、最終回の視聴率は、なんと42.2%というとてつもない数字を叩き出したことでも知られています。

その社会現象にもなった大ヒットドラマ『半沢直樹』の番外編スペシャルドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』が吉沢亮さん(25)の主演で、2020年1月3日(金)深夜11時15分から放送されることが2019年11月7日に発表されました。

ということで、今回は主演の吉沢亮さんについて、お話していきます。

なぜ吉沢亮が半沢直樹SPドラマの主演に選ばれたのか?

吉沢亮さんと言えば、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの若手俳優ですね!

2019年もいろいろな作品に引っ張りだこでした。

最近ですと、映画『キングダム』で、漂とエイ政の二役を見事に演じきったのが印象的です。

そんな吉沢亮さんですが、『半沢直樹』のスペシャルドラマの主演に選ばれた理由と主演に選ばれたことに対する世間の反応についてお話します。

吉沢亮が半沢直樹のSPドラマの主演に選ばれた理由

吉沢亮さんが、『半沢直樹』の番外編スペシャルドラマ『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』の主演に抜擢された理由について考察を踏まえてまとめていきたいと思います。

とにかく若者からの知名度と人気がある吉沢亮さんですが、特に、その甘いマスクから若い女性を中心に絶大な支持を受けています。

『半沢直樹』は、ドラマの性質上、比較的年齢層の高い男性に支持されていますが、吉沢亮さんは、若い女性という新たな支持層を獲得するにはピッタリの俳優です。

そして、今年で25歳になった吉沢亮さんですが、これからは、今までに経験したことのない役にもチャレンジしていかなければならない年齢でもあります。

とりわけ、2021年には、NHKの大河ドラマに主演することも決定しており、今まで以上に飛躍していくことが期待されており、全国区の知名度の人気俳優へと成長していくことでしょう。

また、吉沢亮さんは、2019年のブレイク俳優ランキングでも上位に位置しており、かつての記録的大ヒットドラマ『半沢直樹』の主演に抜擢されたということで、吉沢亮さんのファンと『半沢直樹』ファンとが入り混じって、すごい反響を呼んでいるのは間違いないようです。

以上のようなことから、吉沢亮さんが『半沢直樹』のスペシャルドラマの主演に選ばれた理由をまとめてみました。

《吉沢亮さんが『半沢直樹』のスペシャルドラマの主演に選ばれた理由》
・新たな支持層として、若い女性の獲得を考えている
・ドラマの内容と吉沢亮サイドの意向が一致している
・2021年大河ドラマの主演も決まっており、今後の飛躍が期待されている

・2019年にブレイクした俳優の中でも上位に位置している

以上のようなことが、吉沢亮さんが主演に抜擢された理由であると考察しました。

何かいかにも人気先行で、それを利用しているかのようにも感じますが、人気の影には必ず実力の裏付けがあるものです。

2019年に吉沢亮さんが人気を得たのには、人気を裏付けるだけの実力が伴っていたと思いますし、その実力を十分に評価されての今回の抜擢であると思います。

吉沢亮が主演することに対する世間の反応

シーズン1を見てない若い視聴者を半沢直樹の本作に持っていくっていう魂胆というのは、まさに同感です!

どこまで戦略的な構想があったどうかは別にして、大河ドラマに主演する俳優の宿命のようなものかも知れません。

どちらにしても、おそらく2021年の顔の一人になるであろう吉沢亮さんを使ってくるのは正解だと思います。

 

半沢直樹が出ないと半沢直樹じゃないというのは、なるほど、確かに一理ありますが、『スピンオフドラマ』にありがちなパターですよね!

来年に4月に本編の放送が決まっているようなので、そこにつなげる『半沢直樹』の番外編スペシャルドラマっていう立ち位置なんだと思います。

やっぱり、こういうふうに思う人いますよね、筆者も一瞬、吉沢亮さんが『半沢直樹』を演じるんだろうかと思いました。

でも、やっぱりそこは堺雅人さんのはまり役ですし、他の俳優が演じたら、プレッシャーを感じるだけで、誰も得するする人いませんよね~

大丈夫です、吉沢亮さんがきっと倍返しをしてくれると思います!

まさにそうですね~

そうじゃなければ、新春早々にスペシャルドラマを放り込んで来るわけがないですよね!

おそらく、4月に放送予定の『半沢直樹』の本編につながる重要なドラマになるのではないでしょうか?

きっと、吉沢亮さんが新な『半沢直樹』を描いてくれると思います!

『半沢直樹』のファン、堺雅人さんファンからすると、率直な意見ですよね。

ごもっともです!

でも、このドラマを見逃したら、今後の『半沢直樹』の本編の内容がわからなくなってしまうんじゃないでしょうかね。

絶対見たほうがいいと思いますよ。

以上が、吉沢亮さんがの主演をすることに対する世間の反応でした。

 吉沢亮の演技力:定評あり

それでは、続いて、吉沢亮さんの演技力について書いていきたいと思います。
吉沢亮さんの演技力はどれほどのものなのでしょうか?

ブログの冒頭の方でも少し触れましたが、『キングダム』は山崎賢人さんが主演で上映された映画(2019年4月19日~東宝系)ですが、その中で、若き王・政(せい)と、信の幼なじみで政の影武者となった漂(ひょう)の二役を見事に演じきったことが非常に高く評価をされています。

 

声優としての声の演技力も高評価のようですね!

共演の吉岡里帆さんとの息もピッタリでした。

 

いろいろな役を演じている吉沢亮さんですが、悪役だってそつなくこなす演技派なんです。

 

筆者も同感です。

吉沢亮さんは、ドラマ『半沢直樹』の世界観にピッタリはまっていると思います。

《吉沢亮の演技力の評価まとめ》
・映画『キングダム』での”一人二役”の演技力が高評価!
・アニメ映画『空の青さを知る人よ』での声優としての”声”の演技力が高評価!
・ドラマ『火村英生の推理』の犯人役の演技にも定評あり!

ということで、結論としては、吉沢亮さんは、カッコがいいだけじゃなく、演技力にもかなり定評があります。

『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』の吉沢亮の役どころとあらすじ

吉沢亮さんが『半沢直樹』のスペシャルドラマに主演するって聞いた時には、「あれっ、半沢直樹のキャスト変更?」って思ったんですけど、まさかそんなことはありませんでした。

今回は、『半沢直樹』の番外編のドラマの主演ということで、吉沢亮さんは別の役柄で出演します。

吉沢亮の役どころ:敏腕プログラマー

吉沢亮さんが演じるのは、プログラマーの高坂圭(こうさか・けい)です。

今回のドラマの舞台は、東京中央銀行の行員だった半沢直樹が出向させられた先の東京セントラル証券と深いつながりを持つIT企業の『スパイラル』です。

高坂圭は、かつてある事件に関わったことで行き場を失っていましたが、その才能を買われ『スパイラル』の社員として働いている敏腕プログラマーという役どころです。

『半沢直樹イヤー記念・エピソードゼロ』のあらすじ

銀行内で行われていた数々の不正を幾度となく暴き、痛快な逆転劇を見せた半沢直樹(堺雅人)。

前作の最終回では、まさかの子会社「東京セントラル証券」への出向を命じられた。

番外編の舞台は、新興IT企業「スパイラル」。

半沢が「東京セントラル証券」が金融セキュリティーシステムをリニューアルするため、コンペで声をかけられた企業の1つだ。社運を賭けて取り組む「スパイラル」の中で人知れずある陰謀が動いていた。

出典:日刊スポーツ

まとめ

さて、今回は、スピンオフドラマではありますが、約7年ぶりに『半沢直樹』の続編?が放送されることになりましたので、吉沢亮さんが主演を演じる理由や役どころ、あらすじについてお話しました。

2020年1月3日の放送が待ち遠しいところですが、どんな大どんでん返しが繰り広げられるのか期待しながら、来年の放送を待ちたいと思います。
以上、『吉沢亮の半沢直樹SPドラマ主演はなぜ?役どころ・演技力やあらすじも解説』でした。

タイトルとURLをコピーしました